モイスチャーホワイトサボン〜肌力を100%引き出す美肌石鹸

株式会社ドクタークロス/栃木県宇都宮市西

美容皮膚科医 黒須瑞枝

美容皮膚科医 黒須瑞枝ブログ

三基光学館さん主催の月と火星と観望会に参加

0

    1月13日(日)、お世話になっている望遠鏡ショップ(三基光学館さん)の駐車場で、月と火星の観望会が開催されました。もともと秋葉原にお店はあったのですが、相模原に引っ越し。遠くなってなかなか行くのが難しくなりましたが、こういう機会だから、娘と二人で参加してみる事にしました。宇都宮から170キロくらいあり、ちょっと道に不安はありましたが。

     

    夕方6時過ぎに着いた時には既に始まっていました。奥の望遠鏡で月を、手前の望遠鏡で火星を観望していました。

     

    月はいつもカメラの液晶画面を通して拡大画像を見ていましたが、接眼レンズを通して見る月は臨場感があって、本物を見ている実感がありました。

     

    火星は、最初パソコン画面で、その後接眼レンズを通して見ました。ピントもしっかり合わせてくれているので、こういう風に見えるんだ、と勉強になりました。火星観望は家ではうまくできなかったので、とても貴重な観望の機会となりました。

     

    寒くなったらお店の中で休憩です。

     

    こういう会を望遠鏡ショップが行ってくれると、初歩的な質問もできるし、詳しい方にもいろいろお話を聞くことが出来て、とても

    良い集まりと思いました。今回は帰り道の心配もあったので1時間くらい居て帰ってきましたが、また開催される時は、皆様とお食事を一緒にして、星を通して楽しくお話が出来れば・・と思いました。

     


    長い部分日食撮影と周囲の様子

    0

      1月6日の部分日食は、朝早くから昼まで撮影を行いました。朝、早めに行ったのは、連続写真の背景にする写真を、日の出前に撮っておきたかったから。

       

      6時過ぎに着きました。家から8キロの所にある鬼怒川の河川敷です。着いた時、金星が見えていました。6:16am

       

      早速、広角のカメラのセッティングをして、背景の写真も写しました。途中、きれいな日の出が見えましたが、日食準備に集中したいので、今回はちらちらと見るだけにしました。広角の準備が済んだので、次にゆっくりBORGの準備をはじめました。磁気偏角を補正して、角度を合わせようとスマホの角度計を使おうとしたら・・、電池切れ、困りました。しょうがないので、そのまま太陽を導入したら、幸いそれほど極軸は、ずれていませんでした。

       

      OM-Dを付けて1200个納未修Δ箸靴燭蕁▲メラの調子が悪く、設定変更が出来なかったり、ピントが合いません。原因不明ですが、諦めて改造5D2を付けて写すことにしました。  改造5D2とBORG600个納未靴辛分日食

       

      広角は日の出前に景色を撮影しておいたのですが、うっかり三脚にぶつかって、ずらしてしまいました。それなので、もう一度背景を撮りなおしました。日の出直後になってしまいましたが、日食の始まる前だったので良かったのですが、けっこうショック・・。

      連続写真にしてみました。 5D4 24个5分間隔で撮影。 8:41~11:42amまで

       

      日食の撮影はBORG以外はタイマーなので、通りかかる人と少し話しをする余裕がありました。

      ある方は、ここから見える筑波山の頂上に、冬の6時55分頃、謎の光が出現する話をしてくれました。そしてスマホに写っている写真を見せてくれました。私も見てみたい・・。太陽が何かに反射しているのではないかと推測しているようですが、確かめてないそうです。

       

      実はこの謎の光り、後で拡大してみたら、私の連続写真の背景にも、写っていました!!(連続写真をトリミング)7:00am

       

      風が吹いてきて寒くなってきました。そんな時、インナーに着ていたテクノライダーの電熱ベストのをスイッチを入れたところ、体が温まり、とても快適に過ごすことが出来ました。

       

      途中で犬の散歩をしている人がいました。ペキニーズという種類で、とてもしぐさの可愛い犬。犬の撮影に夢中になりました。

       

      太陽に内暈がほんの少しの間、見えましたが、すぐ消えました。

       

      川の水面がキラキラ光ってきれいでした。

       

      調子の悪かったOM-Dは犬を写してから、なぜか復活したので,再びBORGに付けて写してみました。

      後半の部分日食です。ちょっとピントが甘かった。

       

      日食終了1分前です。長い長い部分日食観測が終りました。

       

      日食終了後、ヘリコプターが3機まとまって飛んでいるのを見かけました。

       

      6時間、同じところにいると、日食だけでなく、風景の色の変化、たくさんの種類の野鳥飛んでいる様子を見たり、通りかかる人とおもしろい会話をしたりと、いろいろな事がありました。

      「部分日食はいつあるんですか?」と聞かれ、「もうはじまってますよ」と、答える会話を5〜6人の方としました。

      双眼鏡またはカメラの液晶画面に写っている欠けた太陽を見せてあげたら、皆、喜んでくれました。

       

      それにしても、部分日食の広角は、風景を写すタイミングや、構図を決めるのがとても難しいです。

      調子が悪くなったカメラの原因もわからないし、ピント合わせも難しい。チリまで、またたくさんの問題を1つ1つ解決して、正確に手際よくセッティングできるように、たくさん練習しなければなりません。特にピント合わせを確実にすることが課題です。

       

       

       

       

       


      1月6日 部分日食

      0

        鬼怒川河川敷で部分日食の観測をしました。薄雲はありましたが、全く見えなくなるという事はなく、全経過観望する事が出来ました。写真整理には少し時間がかかりそうですが、とりあえず最大食から2分後の写真です。

         

         

         

         


        1月3日 ちょっと、星空撮影に出かける

        0

          昨日の夜は、鹿沼の黒川の河川敷に星空撮影に出かけてみました。宇都宮の市街地から20キロ弱のところですが、思っていた以上に光害が強かったです。でも、いつもと違う場所なので、新鮮でした。

          すべて改造5D2と24亶角で固定撮影しました。

           

          私の車とオリオン座

           

          広々とした河川敷

           

          オリオン座と冬の大三角

           

          カシオペアとうっすら天の川

           

          沈む火星

           

          帰る直前のオリオン座

           

          思い切って、もっと暗い所に出かけると良いのかもしれませんが、1月6日の部分日食の準備が整っていないので、無理しないで帰ってきました。空が暗ければそれに越したことはないのですが、いろいろ場所を変えて写すのも、楽しいな、と思いました。

           


          1月2日 肉眼で金星が見えたような・・。

          0

            午前中、今日は月と金星が近い事を思い出し、空を見たら細い月が見つかりました。そして金星があると思われる場所を一生懸命見ていたら、何となく肉眼で金星かなと思われるものが、ちらちら見えました。

             

            早速、写してみました 5D4 560弌 

             

            先月より月を見つけるのが早くなりました。目が少し慣れたのかもしれません。

            雲に月が隠れそうになりました。さすがにこれは、ずっと月を追って見続けていないと気付かないです。

             

            先月は、日中の細い月さえ探すのが大変でした。今回は見つけるのが早くなりました。また金星も何回も探す練習をしました。そのせいか、金星も本当に微妙ですが、肉眼で見えたような感じがしました。近くに月の様に目印になるものがないと、日中の金星を見つけるのは難しいですが、一歩、前に進むことができ、自信になりました。

             


            諦めかけた初日の出

            0

              今日は、朝早起きして鬼怒川の河川敷に、初日の出を見に行ってきました。今日の日の出の時刻は6時50分。

              6時20分頃、着いた時は少し明るくなりかけていましたが、まだ金星も明るく輝いていました。

               

              天気も良く、南の方向の空は薄ピンクに染まり、きれいでした。

               

              東の空は低空に少し雲がありましたが、どんどん減ってきました。 

               

              日の出の時刻になると、東の空が黄色く染まりました。晴れているのか曇っているのわからない感じがしました。しばらく待っても昇ってこないので、もしかして雲ってしまって、昇ってきているのに見えないのでは・・と心配になりました。少し諦め気分になった時、植物の隙間が電気がついたように明るくなり、現れました!

               

              しっかりした輪郭で昇ってきました。良かった。現れたのは6:59、真ん円になったのは7:02です。たった3分です。

               

              しっかり防寒着を着てきたので、あまり寒さは感じませんでしたが、気温はマイナス5℃。主人と犬は寒さでまいっていました。

              この場所で、部分日食撮影を予定しているのですが、天気予報が1月6日は曇りと。一応準備はしますが、連続撮影は難しそう。ちょっとでも欠けた太陽の輪郭が見えるといいのですが・・。

               

              とりあえず、目的の初日の出を見る事が出来て良かったです。

               


               

               

               


              今年の気に入っている写真

              0

                今年、写した中で一番気に入っている写真です。タイムラプス動画にしたクロアゲハの蛹化。ほんの10〜20分の間に全く違う姿になってしまうので、その瞬間を見たかったのですが、なかなかタイミングが合わず。やっと写したものです。

                 

                この幼虫は、最終的にさなぎのまま自然死してしまいましたが、今もうちの中庭の壁に、さなぎのままくっついています。何となく守ってくれる天使のような感じがするので、そのままにしています。

                 

                2番目に気に入っているのは、1月の赤銅色に染まった皆既月食とターコイズフリンジ。若干のピンボケがありますが。

                 

                ターコイズフリンジは、色温度を低く写すことで青色が強く写りました。

                 

                今年はそんなにたくさん写せませんでしたが、来年も引き続き、楽しく写真撮影に出歩き、おもしろい被写体に出会う事が出来れば、と願っています。


                最近、撮影したもの

                0

                  12月24日 復活したBORGで太陽を撮影。初めてOM-DとBORGを組み合わせてみました。35ミリ換算1200弌

                  黒点なく、寂しい。

                   

                  20アイピースを付けて写してみました。写野に入りきらず、はみ出してしまいました。巨大で楽しい。

                   

                  12月24日夜、BORGとOM-D 20アイピースで火星撮影。専用のマウントアダプターでなかったせいかどうかわかりませんが、6个任魯團鵐箸合わず、写すことができませんでした。

                   

                  12月28日 家の庭に来た鳥。ヒヨドリのようです。頭の逆立った羽毛が可愛いです。

                   

                  12月30日。1月6日の部分日食のためのロケハンに出かけました。川がある所を探しました。鬼怒川に沿って、車であちこち走り、何とか良さそうな場所見つけました。川があり、筑波山?も見えています。問題は当日の朝、起きられるかどうかです。天気よりそっちが心配です。それにしても、日中なのに寒かった・・。

                   

                  そして、この場所をナビに地点登録していた時、ふと外を見るとサギがすぐ近くにいました。でも、写そうと思っている間に、遠くの電線に飛んで行ってしまいました。

                  トリミングしました。飛んでいる時、白く光ってみえて、金星の輝きを思い出しました。

                   

                  部分日食の前に、まず、初日の出をこの場所に見に行くかどうか、考え中。


                  月面K M?

                  0

                    星ナビ1月号に、続々見つかる月面アルファベット「月面K」という記事がありました。12月25日に見えるとの事なので、最近、修理から戻って来たBORGで写してみる事にしました。夜9時頃、クリニックの2階のベランダから。ここは、今年7月頃、BORGを持って転んで、BORGを落として故障させてしまい、私も打撲をしてしまった場所です。今度は滑らないように気を付けながら準備。

                     

                    写してみたら、一応「K」がありました。星ナビの写真のように浮き上がってきれいには見えませんでしたが・・。

                    ISO320 f7.85 1/640 BORG 1.5倍テレコン900弌5D4 トリミング  21:59

                     

                    さらにトリミング。Kの横に、小さくMが見えました。(私だけ、そう見えているのかもしれません)

                     

                    私の名前があったという事にして、自己満足で、月に「ありがとう」を言って家に帰りました。(^^)


                    家のベランダから写したウィルタネン彗星

                    0

                      昨日はとても良い天気でした。犬の散歩を終えて夜12時頃、久しぶりに天体の撮影をしました。ウィルタネン彗星がスバルの近くを通っているとの事なので、探しやすい場所なのでチャレンジ。でも明るい街中で、どの程度写るのかな・・と思いながら、坦々と機材のセッティング。

                       

                      星用レーザーポインターを別な三脚に付け、北極星に光をあてて極軸望遠鏡を覗いたところ、はっきり指している所が分かり、極軸合わせが苦手な私にはとても有用でした。

                       

                      うっすら中央に彗星、右上にスバルが写っています。彗星はきれいな緑色には写りませんでしたが、家のベランダからはこれが精一杯でした。

                      ISO800 f2.8 18秒 マクロ100弌5D4 SWAT300

                       

                      100个遼庄鵑砲覆襪函極軸合わせはかなり正確さが必要になることを実感しました。彗星がちょっとでも写ってくれて嬉しかったのと、久しぶりに機材のセッティングの練習になりました。それにしても寒い・・。1時間くらいベランダにいましたが、身体が冷え切ってしまいました。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      • 三基光学館さん主催の月と火星と観望会に参加
                        kurosu
                      • 三基光学館さん主催の月と火星と観望会に参加
                        ecl
                      • 長い部分日食撮影と周囲の様子
                        kurosu
                      • 長い部分日食撮影と周囲の様子
                        清水繁行
                      • 長い部分日食撮影と周囲の様子
                        kurosu
                      • 長い部分日食撮影と周囲の様子
                        清水繁行
                      • 1月6日 部分日食
                        清水繁行
                      • 長い部分日食撮影と周囲の様子
                        kurosu
                      • 長い部分日食撮影と周囲の様子
                        kurosu
                      • 1月6日 部分日食
                        kurosu

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM