モイスチャーホワイトサボン〜肌力を100%引き出す美肌石鹸

株式会社ドクタークロス/栃木県宇都宮市西

美容皮膚科医 黒須瑞枝

美容皮膚科医 黒須瑞枝ブログ

ベランダから星の撮影

0

    昨晩、空を見たらスカッと晴れて星もきれいに見えていました。こんな時、郊外に行ったらすごくきれいな星空に違いないと思いましたが一人では行けないためベランダで写してみました。久しぶりにポタ赤を使い、5DMark兇肇泪ロ100弌▲愁侫肇侫ルターを付けて写しました。

    先ずオリオン座の三つ星付近。オリオン座の全体像は入りませんでした。ISO400 30秒 f2.8

    アルデバランとヒヤデス星団  ISO200 60秒 f2.8

    プレアデス星団 ISO400 48秒 f2.8

    プレセペ星団 ISO400 32秒 f2.8

    北西の空 ISO250 59秒 f2.8

    今回は久しぶりの星の撮影だったので、準備不足で不便な事がたくさんありました。今後、効率よく行うために前もってやっておいた方がよい事など、いろいろ感じました。

    ヘッドライト、ピント合わせの時の眼鏡が必要、自分が疲れない姿勢をとれる三脚の高さを決めておく、ネジなど緩まないようにきちっと三脚とポタ赤を設置する、パソコンや時計、カメラの備品等を置く台を用意して作業しやすいようにする、ポタ赤を使う時は撮影対象を欲張らない、大きく構図を変える時は1回1回北極星がずれていないか確認する、防寒対策をしっかりする、疲れる前に終わりにする等々、外に遠征に行く時スムーズにいくように、これからもたまにベランダで練習しようと思います。


    カメラのメンテ

    0

      カメラのレンズ交換の時、なるべく埃が入らないように気を付けていても、どうしても入ってしまいます。この頃、それが多くて困っていました。つい最近写した空にも汚れがたくさん付いています。いつもPsのスポット修復ブラシツールで消していました。

      センサークリーニングのためにカメラをお店に持って行くのはたいへんなので、自分で清掃を行うことにしました。ニコンのクリーニングキットプロ2というのを購入。無水エタノールは別売りです。

      説明のDVDが入っていて、その通りにやってみました。まずセットに入っている割りばしのような棒にシルボン紙を巻き付けて、先端にエタノールを少量含ませ準備完了。

      レンズもセンサーも円を描くように清掃していきます。レンズは簡単にピカピカになりました。センサーのクリーニングは緊張しましたが、やってみると簡単でした。かなり汚れが取れた感じです。最近、星空や月など写したいと思っていましたが、こういう汚れも気になっていたのか、何となく準備がすすまなくてできませんでした。そろそろ時間をつくってやりたいです。


      コカマキリ

      0

        今日はとても天気の良い日曜日、紅葉でも見に行くのにちょうど良かったのですが、平日仕事をしていると、日曜日に子どもたちがいろいろな注文をしてくるので意外と自由に動けません。今日は娘が雑貨屋さんに行きたいというので写真撮影はあきらめようと思ったのですが、ちょうどクリニックの玄関の前にカマキリがいました。前足に白とピンクの斑点があるのが印象的、あとで調べたらコカマキリでした。

        このカマキリはいろいろなしぐさや表情をしてくれたので、面白く夢中になって写しました。さすがに娘にせかされたので、終わりにして雑貨屋さんに付き合ってきました。私一人だったら1時間くらいカマキリの撮影を続けたかもしれません。


        第3回ガボン日食の会

        0

          4年前の11月3日はアフリカのガボンという国で皆既日食がありました。その1年前、はじめてオーストラリアに皆既日食を見に行ったのですが曇りで見ることができず、翌年思い切ってガボンまで見に行くことにしました。成田→香港→南アフリカのヨハネスブルグ→ガボンと飛行機を乗り継いで、日本から35時間くらいかかってガボンに到着。ツアーは近畿日本ツーリストで参加者20人+スタッフ4名でした。初めて見たコロナ、想像をはるかに超えた神秘的な姿は、この世のものとは思えませんでした。

          その時の懐かしい写真です。

          1分と数秒の短い皆既なのに、望遠の撮影後、あまりにも感激したので途中で拍手をしました。それから広角のシャッターを押したのですが、間に合ったというのか間に合わなかったのか・・第3接触。黒い太陽がなんとか写っているので、まあいいかと思っていますが、初めてのコロナの撮影でここまでできたのだから、「よくやった」と思うべきかもしれません。荷物になるのでこの時は広角はコンデジ(SONY RX100供砲鮖箸い泙靴拭

          観測のあと、不注意にも常備薬をいれたポーチを無くしてしまい喘息を発症して、たいへんな思いをしました。そのため旅行の後半は観光に行くことができず、その時はあまりツアーの人達とお話しができませんでした。その後、ガボン日食の会という集まりができ、そこから交流が続いています。

           

          今回、第3回目のガボン日食の会はお台場のホテルで7名が集まりました。

          今回の話題は何といってもアメリカ皆既日食でしたが、他にもいろいろな写真や動画をテレビ画面に映して見せていただきました。

          私もアメリカの日食の写真をテレビ画面に映して発表。

          S様手作りの燻製、ecl様が新潟から買ってきてくれたケーキ(プレートの文字は日食?月食?)、お酒の差し入れ等々、美味しいものをいただきながらの日食話はとても楽しい時間でした。私は宇都宮から8010のフルーツゼリーを持って行きました。

          終ってから新橋に宿泊し、翌日は銀座に立ち寄り帰りました。次回の皆既日食は2年後チリ・アルゼンチンとガボンくらい遠いです。観測に行きたいと思っていますが、今度は肉眼でじっくり見る事と写真撮影の両立が目標です。そしてまたガボン会で報告できればいいなと思います。

           


          久しぶりの鶴田沼散策

          0

            10月は天気が悪く、休みの日に限って雨のためスカッと写真撮影ができないでいました。今日も曇ってはいましたが午後、ちょっとの時間、鶴田沼に行きました。今日は誰もいないし、雲っていると森林の道もちょっと薄気味悪いです。まず、シラサギがわりと近い所にいました。私が1〜2歩動くと警戒して飛び立ちました。シラサギが気配を感じ取って落ち着かないでいるのが何となくわかるので、見ていて面白かったです。

            飛んでいる所のピント合わせがあまり上手くいきませんでしたが、1〜2枚だけピントが合いました。

            湿地帯に行きました。ぱっと目についたのが、仲良しカップルのイナゴ。しかも背中がピンク色で美しい。警戒心がないので、しばらくいろいろと写してみました。

            正面から。2匹の顔の位置がずれているので、被写界深度の浅いマクロでは普通の設定では両方にピントはあいません。

            f9 ISO800

            画質の低下は覚悟して、思い切って、f32 ISO5000。 両方にピントが合いました。にこっとしているように見えます。

            いつも画質の低下を恐れてISOはあまり上げないでいたのですが、気にしないで写した方が良いのかなと思いました。

             

            家の庭の植物も少しだけ紅葉。イナゴの背中のように紅くきれいな葉っぱがありました。もう11月。華やかな昆虫をみかけなくなってきました。これからの季節、何を被写体にしようか探し中です。


            奥日光の紅葉と星空

            0

              紅葉と星の撮影に奥日光に行きました。この時期は混むので朝早く3時半頃出発しました。奥日光に着いた時は薄明も始まっていて月明かりも強いため、星の撮影は見えていれば・・というくらいの軽い気持ちで。行きの道では霧が出たり、晴れたり場所によって変化が激しかったです。

              オリオン座と中禅寺湖。

              竜頭の滝に注ぐ湯川。写している時は暗くてよくわからなかったのですが、けっこう紅葉しています。

              三本松園地 男体山と昇る金星。 かなり明るくなり、空には星は金星とシリウスしか見えなくなってきました。

              寒くて、疲れたので短い時間で帰りました。7時頃には家に着き、また寝ました。

               

              昨日の太陽です。久しぶりにBORGで太陽の撮影。ビクセンのポルタ兇箸い三脚付き経緯台を使いました。大きなBORGも扱いがとても楽でした。テレコンなしなので960弌F食のために1344个撚薪戮睥習してきたためか、太陽の導入もピント合わせもやりやすく感じました。

               


              日本美容外科学会総会 @札幌

              0

                9月27日〜29日まで、学会で札幌に行ってきました。木、金と学会なので水曜日の午後に札幌に到着。目的は学会とは言っても、少しは自由な時間があるので簡単な観光も考えていました。一人なのでちょっと寂しいのですが。

                 

                新千歳空港に着陸。

                着いた当日はジンギスカンを食べる予定にしていました。ガボン会のS様おすすめの”いただきます”というお店です。方向音痴の私は、最初からタクシーで行けばよかったのに、歩いて探したのでなかなか見つかりませんでしたが、何とかたどり着くことができました。

                ここのジンギスカンは羊の独特の臭みが全くなく、脂も重くなく、とても美味しかったです。北海道でもジンギスカンのお肉のほとんどは輸入ですが、ここは直営牧場のサフォーク種という最高品質の羊を使っているそうです。私の実家の帯広ではジンギスカンは、たれに付け込んであるものを焼きますが、ここは焼いてからたれに付ける方式なので、鮮度の良さがわかります。

                2日目は、朝9時から夕方5時まで学会場(京王プラザホテル)でいろいろな発表や講演をしっかり聞いて勉強してきました。

                ずっと座って話を聞くのでけっこう疲れます。終わってから歩いてホテルに帰ることにしました。途中大通り公園を通りました。札幌に行ったのは久しぶりでしたが、広々として清潔感があり、きれいな街並み、空気も澄んでいます。夕方になるとややひんやり、気温も14度くらいですっかり秋でした。

                 

                大通り公園 花壇がきれいでした。

                時計台も外から見てきました。ビルの壁あった大きな時計が目についたので写しました。

                この日は疲れたので、夕食はホテルの近くにあったラーメン屋さんに行きました。味噌ラーメンです。北海道らしい麺で美味しくいただきました。

                学会2日目、8時くらいに学会場に行き、ホテルの売店でお土産を買ったりして、9時から学会に参加。午後に少し空き時間があるのでランチョンセミナーのお弁当は食べずに聴講だけして、その後六花亭の喫茶店に行きました。ここでランチです。ホットケーキに焼きたてのマロンパイ、とても美味しかったです。

                2時半に学会場に戻ればよいので、その後北海道大学植物園に行きました。学会場のすぐそばです。明治19年に開園したそうで、札幌の原始の姿を今に伝える貴重な場所です。中に入ると、過去にタイムスリップしたような、別世界に来たような感覚になりました。

                レトロな建物の博物館に入りました。

                建物やガラスケースは重要文化財に指定されているそうです。大きなヒグマや絶滅してしまった世界で唯一のエゾオオカミの剥製がありました。

                最も印象的だったのは、南極観測で活躍した樺太犬のタロの剥製です。まっすぐ上を向いてとても良い表情をしていました。

                林の道はとても素敵です。時計を見ながら急いで園内を歩きました。

                バラ園がありました。生き生きとした白い美しいバラ。他にも今の季節の花が咲いていました。

                ある花にいろいろと昆虫が群がっていました。なかなかすばしっこくて普段写すのが難しいクジャクチョウを撮ることができました。

                そろそろ戻らないと・・でももうちょっと居たいな・・と思っていたら、15センチはある大きな松かさがばさっと落ちてきて危うくぶつかる所でした。すると、間もなくリスがするするっと木から駆け降りてきました。

                この松かさを触ってみたら、松ヤニが手に付いて、べとべとしてちょっと困ってしまいました。

                急いで学会場に戻り、午後の講演も最後まできちっと聞いてきました。終わってから、急いで札幌駅へ。ここにも素敵な時計が壁にありました。

                新千歳空港へは電車で40分かかるので、札幌が遠く感じます。20時35分の飛行機で帰り、22時50分の宇都宮行バスに間に合うかどうかはらはらしましたが、間に合って1時ごろ宇都宮に着きました。学会も観光も両立できて充実した3日間でしたが疲れました。これから学会で学んだことを整理しないとと思っています。


                那須烏山 那珂川で生き物撮影

                0

                  20日に那須烏山に行きました。宇都宮から30キロくらいの所です。やなを見に行くのと写真撮影が目的でした。やなはみつかりませんでしたが(探せばあったかもしれません)、とても居心地の良い所をみつけたので、そこで鮎を食べながら川を眺めてくつろぎました。この写真の後ろ側に鮎の料理屋さんがあります。

                  ここは鳥が大きく羽を広げて飛んで来る、昆虫はたくさんいる、川で魚も飛び撥ねているので、何を写そうか目的が定まりませんでした。

                   

                  先ず鳥。サギ。川の見張りをしてるように数羽いました。

                  飛んでいるトンビ?2羽、接触しています。仲が良いのか悪いのか分かりません。

                  次に昆虫。 カマキリ 何度もジャンプしていました。

                  そして魚。魚がよく飛び跳ねていましたが、その瞬間を写すのは難しい。でも写っているものが1枚ありました。左に拡大しました。鮎かな。

                  面白い被写体はたくさんあったのですが、この日は何か私の気合不足。飛び跳ねた魚が写ってくれたのは嬉しかったです。


                  アメリカ皆既日食 画像編集

                  0

                    アメリカ皆既日食の写真の編集を再び始めました。魚眼レンズで5秒間隔で写したものを動画にしてみました。ほとんど動画編集は行ったことがなかったので、職員の力をかりてやっと作成。途中、鳥?や飛行機が写りました。

                     

                    皆既中は、ほぼBORGにつきっきりだったため、kissx50(35亟校300弌砲魯譽蝓璽魂,靴辰僂覆靴琶置していましたが、ずっと1/1000で撮り続けてあり、BORGでは撮る事ができなかった第3接触前を小さいながら記録していてくれました。

                    彩層、プロミネンスの変化を見るために並べてみました。彩層を分かりやすくするために、露光量はPsで下げました。この大きさでは分かりにくいですが、A3ノビでプリントしたところきれいな画質で記録できていました。1220万画素の古いカメラが頑張ってくれました。

                    まだ編集が出来そうな画像が少し残っていますが、そのうちゆっくりやって行きたいと思います。

                     


                    家の庭の昆虫

                    0

                      時々、庭の昆虫を写しています。まず、4匹いたクロアゲハの幼虫、さなぎになって2匹は羽化しましたが、3匹目も無事羽化して飛んで行きました。

                      一番心配だったのは4匹目、糸をはるのに失敗していたので針金で固定したさなぎです。さなぎは黒くなってきたので、中では着実に蝶になっていっているようでした。自力でさなぎから出てくるのを待っていたのですが、黒くなってから4日経っても羽化する気配がないので、迷った末、さなぎの一部を気を付けながら切開して人工的に出すことにしました。でも、その時には遅くて、死んでいました。顔はしっかり生きているかのような蝶の顔で、羽もありました。でも腹部は簡単にちぎれ、どろどろになっていました。2日くらい早く出してあげればよかった・・。

                       

                      庭で見かけた昆虫です。狸のような顔の蛾。

                      背中の毛のきれいなアブ

                      セスジスズメの幼虫 大きくて迫力があります。何年か前に玄関に入ってきたことがありました。外に出すのにティッシュでつかんだら、ふかふかして気持ち悪かったです。

                      オンブバッタ?なかなか正面を向いてくれないのですが、一時、向いたので写しました。

                      この頃、あちこちでヒガンバナが咲いています。すっかり秋のような感じ。アメリカで夏を味わってきましたが、宇都宮では今年は夏がなかった感じがします。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      • ベランダから星の撮影
                        kurosu
                      • ベランダから星の撮影
                        ecl
                      • カメラのメンテ
                        kurosu
                      • カメラのメンテ
                        ecl
                      • 第3回ガボン日食の会
                        kurosu
                      • 第3回ガボン日食の会
                        ecl
                      • 奥日光の紅葉と星空
                        kurosu
                      • 奥日光の紅葉と星空
                        ecl
                      • アメリカ皆既日食 画像編集
                        kurosu
                      • アメリカ皆既日食 画像編集
                        ecl

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM